石川県内トップクラス 相続税・相続手続きの専門家

公正証書遺言は秘密を確実に遵守できる

公正証書遺言は秘密を確実に遵守できる

公正証書遺言というのは、秘密を確実に遵守することができるものです。

遺言者と公証人にプラスして2人の証人が立ち会って、公正証書遺言は作成されます。

守秘義務が、法律上において公証人には課されています。

また、公証人を助ける書記についても、他の人に仕事上で把握した秘密を絶対に漏らさないようにということを誓って雇用しているため、秘密が公証人サイドから漏れる恐れはありません。

さらに、その場に遺言者が依頼することによって証人は立ち会った場合に、遺言内容や作成した事実を遺言者から他の人に漏らさないように言った場合だけでなく、はっきり言わなかった場合でも、法律上の秘密保持義務を明らかに負うようになります。

公証人は公正証書を作成する場合、証人に秘密保持義務や立会いする意味について普段から説明するようにしています。

このようなことから、遺言の内容や遺言書を作ったことが、証人や公証人サイドから漏れる恐れはありません。

さらに、公正証書遺言の原本は厳重に公証役場に保管され、他の人に遺言者が亡くなるまで見られることはありません。

また、公正証書遺言について、情報が漏れたことによるトラブルが生じたことも耳にしません。

なお、万一、公正証書遺言の謄本・正本や原本が無くなった場合でも、復元することが可能なシステムもあるそうなので安心です。

0120-279-409


ご相談お問合せ
料金表 アクセス 代表紹介

CONTENTS

会社概要
税理士法人 北陸会計
アクセスはこちら
税理士法人 北陸会計

MAP

PAGETOP
Copyright © 石川相続税・相続手続相談センター All Rights Reserved.