石川県内トップクラス 相続税・相続手続きの専門家

公正証書遺言の作成に必要な書類は何か

公正証書遺言の作成に必要な書類は何か

相続でもめる家庭は非常に多く、トラブルを防ぐためにも公正証書遺言を作成し、しっかりと対応しようとする人が増えています。

公正証書遺言は法的な実効性が非常に高く、後々のトラブルを避けるために早目に作成しておくのは非常に賢い方法と言えます。

ただし、公正証書遺言の作成には必ず必要な書類があるため、前もって準備しておくことも重要です。

まず、遺言を残す本人の印鑑登録証明書です。誰の印鑑か証明できないものは公正証書遺言に使用できないのです。

また、相続人を指定する場合は、遺言を残す本人と、相続人との続柄がわかる戸籍謄本も必要になります。もし、相続人以外に財産を遺贈したい場合は、相手の住民票など氏名や住所、生年月日がわかる物が必要になります。

不動産の遺贈を希望する場合は、土地と建物の登記簿謄本と固定資産評価証明書が必要です。不動産以外の財産に関しては内容を記したメモが必要です。

また、公正証書遺言の作成には証人2名の立会いが必要が必要で、立会人の名前と生年月日と職業を記載したメモも必要です。

そして、遺言の執行者を指定している場合には、執行者の住所と氏名、生年月日、職業を書いたメモが必要になります。

当然ですが、遺言を残す本人の実印と、立ち合い人の認め印も必要になります。

公正証書遺言の作成には非常に多くの書類などが必要になり、書類の発行時期にも規定があります。必要書類の確認や、事前の打ち合わせが不可欠と言えるのです

0120-279-409


ご相談お問合せ
料金表 アクセス 代表紹介

CONTENTS

会社概要
税理士法人 北陸会計
アクセスはこちら
税理士法人 北陸会計

MAP

PAGETOP
Copyright © 石川相続税・相続手続相談センター All Rights Reserved.